切手の作成というのは意外と技術が

切手がある、ということは郵便制度があるわけでもあります。それは日本では今は当然になっていますが、まず制度として難しいことの一つでもあります。また、そもそも国なり、或いは委託されて切手作成をすることは実はそれなりに技術が必要になります。何しろ、まず作成には印刷技術が必須であり、これには偽造対策をすることになります。別に貨幣のレベルである必要あるわけではないですが、それでも色々と対策はしておくべきであるといえます、切手というのは、金券に等しいことになりますから、こうしたことをするのは当たり前であり、事の外、切手作成にはどうしても難しいことがあります。デザインも色々と考える必要がありますから、そこがコレクションの対象になる理由になっていることすらあります。それだけ格好が良い物が多い、ということです。様々な絵が書いてある、印刷しており、そして、それをコレクションするのは世界的に珍しいコレクションではないです。