Biglobe SIMのMNP乗り換え方法や評判/評価・料金を解説

Biglobe SIMのMNP乗り換え方法や評判/評価・料金を解説

格安SIMとキャリア

MVNO/MNO/MVNEとは?

投稿日:

このページではMVNO格安SIMとMNOキャリアMVNO違い、役割についてみていきます。

いぬタロ
格安SIMのことを探していたらMVNO/MNO/MVNEなど似た用語がたくさん出てきちゃった。違いがさっぱりわからないや
うさタロ
MVNOというのは俗にいう格安シムのことだね。MNOはキャリアのことこのページで詳しく見ていこう

MNOとは

MNOはドコモ、au、ソフトバンクといったいわゆるキャリアのことです。携帯電話用の通信設備を作ったり通信事業を行うには国の許可を取って電波を割り当ててもらう必要があります。そして全国に基地局を作ってそれを維持していく必要があります。

それを担っているのがドコモ、au、ソフトバンクというキャリアです。

MVNOとは


出典:IIJmio

MVNOはいわゆる格安SIMのことで、大手キャリアdocomo、au、Softbankから回線設備を借りて通信サービスを行っている業者です。

例えばIIJmioや楽天モバイル、マイネオといったサービスはMVNOです。

通信インフラを借りる方法には回線卸と帯域卸おろしという2つの方法があります。

回線卸はドコモやauなどから回線サービスを借りてマージンを乗せて私たちに提供するサービスです。この方式だとネットワーク設備を持っていなくても運営することができます。よくある例としては家電量販店で販売されているWimaxです。家電量販店はUQコミュニケーションズといった通信事業者から回線を借りることでWimaxを提供しています。

帯域卸はネットワーク設備を持っていてキャリアと格安SIMの会社のネットワークを接続し利用料に応じてキャリアに料金を払うシステムです。

いぬタロ
なるほど格安SIMの会社は一定の量の回線を借りてその分だけお金を支払って僕たちが使えるようにサービスを提供しているんだね。

MVNEとは

MVNEは格安SIM競争さらに活発化させるために考えられたものでキャリアと格安SIMの業者の仲介を行ってくれるものです。

例を出すとIIJ、OCN、Biglobe、mineoといった業者がMVNEの機能を果たしています。

キャリアの格安SIM

キャリアに近い格安SIMがあるということを聞いたことがあるでしょうか。実は大手キャリアも格安SIMに似たサービスを提供しています。それはワイモバイルです。

ワイモバイルはソフトバンクが運営している低価格なSIMサービスのことで、厳密には格安SIMではありません。なぜ格安SIMではないかというとワイモバイルは自分の通信インフラを持っているからです。

Yモバイルの前身はイーアクセスとウィルコムで、合併した時に名前を変えてワイモバイルと呼ぶようになりました。そのためワイモバイルは実質イーアクセスの電波、Softbankの電波を使っているので通信インフラ持っているため格安SIMではなくなっています。

-格安SIMとキャリア

執筆者:

関連記事

格安SIM通信速度が遅い?なぜキャリアより速度が落ちるのか

このページではなぜ格安SIM速度が遅いのか、キャリアと比べて混雑してしまうのかについて見ています。 いぬタロ キャリアが高いから格安シムに乗り換えたんだけど、すごく遅くなる時間がある。何でこんなに遅く …